広島知事、県職員の10万円活用を撤回

広島知事、県職員の10万円活用を撤回(中国新聞社)

今、コロナ対策で必要なところはどこか。
限られた財源を、有効活用するにはどうしたらよいのか。
広島県知事の、当初の判断は、評価に値するものだった。
人々の耳目を集めたところ、一転
トーンダウンしている。
何がそうさせたか?
心無い世論であろう。
一律10万円の支給は、受け取る側にとっては権利なのか?
支給の趣旨はどこにあるのか?
コロナで生活が困窮している人に生活の支援をしなければならない…
がスタートではなかったのか。
だとしたら、コロナの前と後で、給料が変わらない公務員に
支援金の支給は必要ないだろう。
必要ない資金を、本当に困っている人に回そうとするアイディアが
どうして非難されなくてはならないか。
理解に苦しむ。
玉虫色はダメだ。
県知事には旗幟鮮明に、理念を掲げていてほしかった。
財源は限られている。
今困っている人に、ダイレクトに届くよう、
政治の采配は、私たちが選んだ首長らに委ねられている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.