自粛要請でもパチンコ店に通う客の嘆き「給付金10万円吸い取られた」

自粛要請でもパチンコ店に通う客の嘆き「給付金10万円吸い取られた」(マネーポストWEB)

何のための給付金か。
ギャンブルの軍資金のために、血税が使われているのは悲しい。
自粛要請に従わない客と店。
他の店舗が自粛要請に従い休んでいる中、
一部の店が営業を続け、まじめに休業をしている店の客を取り込み、
客に支給された給付金を吸い上げている。
そうだとしたら、正直者は馬鹿を見ていることになる。
ばかばかしくてやっていられない。
やったもの勝ち。それは心情的に誰もが許せない。
しかし、実情はまさにそれだ。
自粛要請の限界か。
どんな批判を受けても、命令でなければ営業し続ける。
誰もがそうしたいが、社会全体の公益を考えれば、そう言ってもいられない。
ここは、リーダーシップの問題なのだろう。
強制すべきは強制するという判断の即効性が求められる。
感染の拡大は、待ったなし。
正直者に馬鹿を見させてはいけない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.