保育園「騒音」訴え棄却 近隣住民の権利侵害認めず 東京地裁

保育園「騒音」訴え棄却 近隣住民の権利侵害認めず 東京地裁(時事通信)

子供の声は騒音か?
確かに静かではないだろう。
大人は誰しも通ってきた道だが、
立場が変われば受任できないと感じる人もいるのだろう。
受忍の限度。
判断はここに尽きるが、この秤は人によって異なる。
幅が広い人もいれば、狭い人もある。
保護事由と帰責事由のバランスであり、
裁判でお墨付きをもらってしまった以上、
住民は我慢しなければならない。
都市部の狭い場所で暮らすには、
お互いに互助の精神で臨まなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.