硬派学術出版「創文社」解散の波紋…絶版にならず、全書籍を講談社などが異例の引継ぎ

硬派学術出版「創文社」解散の波紋…絶版にならず、全書籍を講談社などが異例の引継ぎ(産経新聞)

国民の活字離れで、出版業界も斜陽だ。
どうして、人々は本を読まなくなったのだろうか。
本を読むということは、思考を鍛えることにほかならない。
そう長くない人生で、自分自身で体験できることは、限られている。
書籍は、自分が体験したことがない様々なことを、
身近に疑似体験させてくれる知の宝庫だ。
確かに読むということは、能動的なかかわりが不可欠だ。
受け身の映像の方が楽かもしれない。
しかし、自分が動くことで身につくことは、どれだけ大きいか。
見識が広がることは、人生においてどれだけの影響力があるか。
老舗の撤退に、周囲が引継ぎをする。
良書を良書としてリスペクトすることができる事が達人だ。
達人は達人を知る。
企業の使命がぶれないというのはプロとして素晴らしい姿勢だと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.