「患者は軒並み減少」「いまだに医療資源は不足」医療機関へのコロナの影響実態調査

「患者は軒並み減少」「いまだに医療資源は不足」医療機関へのコロナの影響実態調査(BUSINESS INSIDER JAPAN)

コロナ禍で、医療機関の必要性がクローズアップされる反面、
現場では、経営難が問題となっている。
感染予防を切望する外来患者の減少、
一般手術の抑制、
人間ドックの手控え…などなど、
経営を圧迫する懸念材料が多い。
コロナ対策の最重要部門で、実は経営がひっ迫しているのならば、
国は、重点的に下支えをしなければならないはずだ。
一律に金や使えないマスクを配ったりするのではなく、
医療機関の充実に資金を導入すべきだ。
長期化する難題に、
国の手際の悪さだけがクローズアップされる気がしてならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.