実年齢は、確かにそれは偽れない。
出生と共に、確実に年を重ねる。
しかし見た目年齢は、いくつでも若くなる。
なぜそうなのか?
見た目年齢は、その人の生き様の通信簿だからだ。
日々の選択の中で、口にする栄養も、選ぶ仕事も、付き合う人も、
その人の意思で決められていく。
日々の小さな積み重ねが、その人を形作っているのだ。
したがって、様々なことに興味をもって、積極思考で過ごしている人は、
ボケることはないし、はつらつとしている。
自分は年だから、もう若くないからと、年齢でくくることは、
自分の可能性に蓋をしてしまうことであり、実に愚かである。
この世に生を受けたからには、勇猛果敢にチャレンジを続け、
満足をもって終焉を迎えたい。
74歳、まだまだはなたれ小僧。
人生の本番はこれからである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.