ドコモ、提携銀に通知徹底せず 過去被害対応に不信の声 預金不正流出

ドコモ、提携銀に通知徹底せず 過去被害対応に不信の声 預金不正流出(時事通信)

銀行の信頼が揺らぐ。
預けておけば安心なはずの銀行。
その盲点を突いたのが、今回の事件だ。
犯人が頭がいいのか、銀行やドコモのセキュリティー感覚が鈍いのか…。
忙しくてなかなか記帳ができない人も、
今回の一件を教訓に、調べてみる必要がある。
コツコツ貯めた虎の子が、知らないうちに無くなっているとは…
イソップの「けちん坊」の話を思い出す。
金塊を、郊外に埋めていたけちん坊が、
日々コッソリその存在を確認して満足していたが、
ある日それが盗まれた。
嘆き悲しむけちん坊に人々は言った。
「どうせ、使わないのだから、そこにあると思っていればいいのですよ」
確かに活用しないのならば、ある思っていればいいのかもしれない。
普段から把握していない金は、無用の長物と言っても良いのだが、
いざという時のたくわえを喪失することは、やはり重大事である。
早急に、記帳に行ってこなければならないだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.