温泉旅館無断キャンセルに賠償命令、請求通り男性2人に280万円 地裁大田原支部

温泉旅館無断キャンセルに賠償命令、請求通り男性2人に280万円 地裁大田原支部 (毎日新聞)

当然のことである。
愉快犯のように、旅館を無断でキャンセルすることを続け、
裁判に訴えられても、無視続ければこうした結果になる。
さて、ここまでは良いが、その次が大変である。
相手方が裁判の結果に対して素直に従ってくれればよいが、
残念ながらそうでない場合が多い。
差押えすることができる財産があれば、強制執行など、
その後の煩雑な手続きが必要だがまだ救われる。
そうでなかったら、絵に描いた餅だ。
弁護士に高い費用を払って、それでおしまいというケースもある。
ちなみに280万円の訴額に対して、一般に着手金が280万円×8%で224,000円、
全額認められたとして、
成功報酬が、280万円×16%で448,000円、合計で672,000円となる。
全額回収できたとしても、2,128,000円しか残らない。
そのほかに裁判所に支払う印紙代として、280万円だと19,000円が必要だ。
裁判とは、時間と経費を考えると割に合わないセレモニーだ。
弁護士にとって、「訴えてくれてありがとう」の世界である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.