NYの日本人ピアニスト、暴行で大けが ファンら支援金

NYの日本人ピアニスト、暴行で大けが ファンら支援金(朝日新聞デジタル)

生きているということは、リスクを負いながら暮らすことでもある。
ジャズピアニストが、ジャズの本場で活躍することは望外の喜びであろう。
しかし、悪漢の暴行に重傷を負った。
犯人もわからない。
ピアニストのこれまでの軌跡をたどると、理不尽この上ない。
彼を支えるファンの思いはそれ以上だろう。
生きているということは、想定外のリスクを負っていることに他ならない。
それは、ピアニストに限らない。
等しく、生きている私たちも同じである。
回復してくれることを願う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.