「心が折れた」老舗や名店が次々に閉店…新型コロナ影響で客足途絶え

「心が折れた」老舗や名店が次々に閉店…新型コロナ影響で客足途絶え(神戸新聞NEXT)

長期化するコロナは、人々に様々な影響を及ぼしている。
幸いにも、マスクや消毒液を扱う業者は需要が伸び、
業績が上がっているだろうが、
多くの企業が、これまでの対応と余儀なくされ、路頭に迷っている。
老舗と呼ばれる店は、これまでの伝統が、
新たなチャレンジに、ブレーキをかけているのではないだろうか。
それに、行に従事する経営者も、
既にご高齢の方が多いのではなかろうか。
既存の価値観を変えるのは、これまでの生き方を否定されるようで忍びないし、
また、今もこれからも、過去の延長と捉えて過ごしてきた人には、
斬新なアイディアが浮かんでこないのかもしれない。
しかし、現実からは逃避できないのだから、
何かをしなければならないと焦燥感にさいなまれる。
そろそろ、助成金などばら撒き行政も先が見えてきてしまった。
何をすべきか、何ができるのか。
経営者は頭の痛い日々である。
しかし、明けない夜はない。
明るい未来を信じて、今を上手に乗り切ろうではないか。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.