パリ近郊で教師殺害 授業で預言者風刺画見せる 容疑者、チェチェン人か

パリ近郊で教師殺害 授業で預言者風刺画見せる 容疑者、チェチェン人か(時事通信)

表現の自由の授業で、例示として用いた題材が原因で命を落とした教師。
過度な宗教は盲目的で、共通語を持たないということを改めて感じる。
名誉感情は、非常にデリケートな問題である。
風刺という文化を支える表現者たちも、
改めて戦々恐々としているのであろう。
以心伝心で過ごしてきた我が国の文化も、
近時、世代間のギャップで崩壊しつつある。
所詮、個は個である。
何も言わずに相手を察すること、察してもらうことなど、
期待する方が無理になってきているのである。
デジタル化が進み、場の雰囲気を読む機会が減ることで、
相手の痛みを察する機会を逸するのは、
社会の健全な育成といった観点から非常に危うい。
人に合わずに、デジタル会議というのも私の性にはあっていない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.