福島第1原発敷地外の地下水からトリチウム 継続的検出 東大など研究チーム

福島第1原発敷地外の地下水からトリチウム 継続的検出 東大など研究チーム(毎日新聞)

3.11の光景は、あの衝撃的な残像は、
今も人々の目に焼き付いている。
当時はあれほど気になった放射能物質だが、
のど元過ぎれば何とやらで、
ふるさとを追われた方以外は、
切実な関心を持っていないのではなかろうか。
悲しいかな、人間は忘れる動物である。
負の出来事は、時間の経過とともに記憶が薄れなければ、
生命維持ができない側面も否定できない。
しかし、現実として、
棚上げされた除染の問題は、今も当時も変わっていない。
おそらく、3.11をリアルタイムで経験した人が、
生きている間に解決を見る日はないだろう。
事実は事実として、
それを知る人が世間に啓蒙活動をしてもらわなければならない。
そして、政府は発信された情報を真摯に受け止め、
解決策を模索しなければならない。
そこに、頼るべきカンペは存在しない。
一国の主は、紙に書かれた文書を棒読みするのではなく、
自分の言葉で、国民に発信すべきだ。
福島原発の問題は、まだほんの序章に過ぎない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.