殺処分された大量のミンクが地上に…怪現象に「逃げろ」

殺処分された大量のミンクが地上に…怪現象に「逃げろ」(朝日新聞デジタル)

地獄絵図さながらだ。
さ殺処分は、豚コレラや、鳥インフルの際、
日本でも、お馴染みの光景といえる。
防護服を着た作業員は、原発事故の福島を思い出す。
病原体の封じ込めに、動物たちの多くの命が犠牲になる。
そうでなくても、彼らは殺されるために飼育されているのだが、
本来の用途以外で、命を落とさなければならないのは無念か。
命の重みを感じると、とにかく切ない。
殺される動物も、その所有者も、また、殺害する側も、
立場は違うが、複雑な思いが交錯するに違いない。
いずれにしても、こうした悲しい出来事を減らすには、
コロナの終息を願うしか手立てがない。
人間の非力さを痛感する。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.