愛子さま19歳に 大学初登校で水色カーデにお着替え…同級生に「敬宮愛子です、よろしくお願いします」

愛子さま19歳に 大学初登校で水色カーデにお着替え…同級生に「敬宮愛子です、よろしくお願いします」(文春オンライン)

大きくなられた。
年齢の節目ごとに、報じられるその成長を見守る国民の側は、
さながら、遠くに離れて住む祖父母の心境だ。
這えば立て、立てば歩めの親心。
清楚に、穏やかに、しとやかに微笑み、優しく手を振られる愛子様は、
気品にあふれている。
また、天皇陛下にそっくりの容姿、立ち居振る舞いをされている。
代々、脈々と続く、天皇家の血の濃さをうかがい知るものでもある。
秋篠宮家のお子達もそうだが、
多感な時期に、衆人環視のもと、
プライベートが極端に制限される生活を送られていることは、
さぞストレスが多いことだろう。
安定した暮らしを望むか、自由を望むか。
自由はあるが不安定な環境に身を置く凡夫には、
敷かれた人生のレールを進まれる皇族方の、
生活は、極めて不自由に映る。
個と公のせめぎ合い。
遠くに住む祖父達は、貴女がトータルで幸せに過ごされることを祈ります。
お誕生日おめでとうございます。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.