増える運転手の急病事故 免責に高い壁、高齢化リスク 問われる事業者の責任

増える運転手の急病事故 免責に高い壁、高齢化リスク 問われる事業者の責任(産経新聞)

大きな問題だ。
労働者の急病リスクを、事業者が負うのは痛い。
事業者は、事前にリスクを把握できていたか?
本人ですら予見できないリスクをどう回避するか?
そうすると、重大事故に直結する職種に関しては、
統計学的な見地から、年齢制限をかけるのが妥当といえる。
それでも、人手不足等で、
どうしても雇用しなければならない場合はどうすればいいのか?
リスクヘッジできる文明の利器があればよい。
しかし、導入費用にコストがかさめば、
それは費用対効果の問題となる。
よって、定年引上げ路線を打ち出している政府は、そこを補助する責任がある。
若い人よりも、健康診断などを頻繁に行う。
これも金が絡む問題だ。もちろん、政府の補助が必要だ。
高齢化社会は、こうしたリスクをあらゆるところに内在させる。
とにかく、健康で、長生きすることこそが、
コストパフォーマンスを高める原点である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.