過剰なしつけで愛犬が死んだ――飼い主が「虐待」告発 ペットサロン経営者は反論も、自治体・専門団体が調査へ

過剰なしつけで愛犬が死んだ――飼い主が「虐待」告発 ペットサロン経営者は反論も、自治体・専門団体が調査へ(J-CASTニュース)

ペットは、家族の一員である。
特に犬は人間に忠実で、
喜怒哀楽を表現するのが上手だから愛おしい。
言葉は用いなくとも、
大概のコミュニケーションをとることが可能だ。
しかし、動物の寿命は人間より短いため、
飼い主は生涯に何度ものペットロスに苦しむ。
たかがペット、されどペットだ。
その存在を失ったときの喪失感は半端ない。
もっとこうしておけばよかった、
ああしておけばよかったと、後悔の念が後を絶たない。
愛犬を撫でた感触は、確かに手のひらが覚えているし、
今は姿がない、お気に入りの場所へも、無意識に視線がいく。
そしてその都度、思い出しては涙腺が緩む。
そうした大切な家族を他人から粗末に扱われ、
天寿を全うさせてあげられなかった飼い主はさらに苦しむ。
弔い合戦は、周囲との温度差もあり、心労がかさむ。
一般に、警察も行政もなかなか動かない。
何度も同じ説明をしているうちに、悲しみが怒りに、そして諦観に変わる。
この飼い主は、よく行政を動かしたと思う。
悪質な業者は、とことん糾弾すべきだ。
とはいうものの、いくら刑事罰や行政罰が科せられたところで、
愛しい我が子は戻ってこない。
悲しみは、ひたすら時間が解決するのを待つしかない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.