テレワークで出勤者65%減 緊急事態下、7割減企業は37% 経団連調査

テレワークで出勤者65%減 緊急事態下、7割減企業は37% 経団連調査

テレワークが一般化してきた。
とはいうものの、それは大企業での話であって、
中小企業ではまだまだ実現は遠い。
テレワークは、コロナ時、通勤の必要がないため
感染リスクが抑えられるメリットがある。
パソコンさえあれば、どこにいても、仕事ができるというのは強みだ。
他方、対面で仕事ができない分、
コミュニケーションが不足する。
平常時から、指示が伝わりにくい人間関係においては、
益々、関係性が乖離する。
一長一短はあるものの、今後は、
テレワーク主流の社会が構築されてくることだろう。
機械に詳しくなければ、
社会人として不適格と、レッテルを貼られることになる。
大変な時代になったものだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.