藤井聡太二冠が3年在学中だった高校を1月に自主退学「将棋に専念したい」

藤井聡太二冠が3年在学中だった高校を1月に自主退学「将棋に専念したい」(スポーツ報知)

天才は、考えることが半端ない。
既成概念を大きく飛び越え、自身の人生を突き進む。
自分の人生は、自分でしか責任を負えない。
今の姿は、これまでの自分の選択の結果である。
親の責任ではないし、社会の責任でもない。
世の人は、卒業まで、たかが2か月と思うが
天才にとっては、されど2か月なのだと思うのだろう。
これだけの若さで、
明確に自分が進むべき道が見えているということが凄い。
今後の活躍に否が応でも期待が集まる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.