ワクチンの 「副反応」をどう理解すべき? 米国在住医師 「打たないリスク」と両天秤にかけて判断を

ワクチンの 「副反応」をどう理解すべき? 米国在住医師 「打たないリスク」と両天秤にかけて判断を(FNNプライムオンライン)

わが国でも、ワクチン接種が始まったとのニュースが新聞の一面を飾る。
諸外国に遅れての開始だが、日本の技術は世界の水準に達していないのか、
それとも、承認システムの煩雑さが災いしているのか。
いずれにしても、開始が遅れれば遅れるほど、
諸外国の副反応の状況が蓄積されるため、
打つ打たないの選択肢に大きくかかわる。
人生すべてが選択の結果だが、
新しいことに対する選択は勇気がいる。
それも、ある意味命がけとなると…。
大きな賭けが、吉と出るか凶と出るか運しだい、というのは、
本当の医療なのか?
確かに、現在の治療法も、
過去の臨床の積み重ねで確立してきたものであり、
がん治療など、様々な治験の賜物である。
難しい選択に、高齢者は頭が痛い。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.