我欲と放蕩の果てにたどり着いた異国ーー直木賞の栄光からタイで出家、コロナ禍の日本を見つめる男

我欲と放蕩の果てにたどり着いた異国ーー直木賞の栄光からタイで出家、コロナ禍の日本を見つめる男(Yahoo!ニュース 特集)

人生は、山あり谷あり。
良いときもあれば悪い時もある。
そうしたすべてを包括して、人生なのである。
その場面ごと切り取れば、どのような偉人も、
褒められないケースもあるだろう。
そのまま、坂道を転げ落ちる人もあれば、
何くそと、一念発起する人もある。
いずれにしても言えることは、他の誰でもない、自分の人生である。
人に影響され、振り回され、
それを言い訳にして逃げることだけはしたくない。
自分の人生の主役は、間違いなく自分である。
他でもない自分である。
これまでの出来事の全てを引き受けて、
これからも思う存分生き抜かなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.