ミャンマー、抗議デモに治安部隊が発砲 少なくとも38人死亡

ミャンマー、抗議デモに治安部隊が発砲 少なくとも38人死亡(ロイター)

治安部隊が発砲しては、治安は維持できない。
何のための部隊なのか、すこぶる疑問である。
国民同士で対立し、死者が出ることはいたたまれない。
国際社会も、手をこまねいて傍観するしかない状態は、
何とも不甲斐ないではないか。
主義主張することは命がけである。
香港でも、中国でも、ロシアでも、
体制を批判すれば、わが身に降りかかる、
その先の不利益を覚悟しなければならない。
それに引き換え、日本は恵まれている。
恵まれすぎて平和ボケしている。
今こそ、周辺諸国の諸状況に鑑み、人権をより深く学ぶべきだ。
権利を死守するためには、
闘争をも辞さない覚悟と行動力を
常に意識しなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.