僧侶が自作のギロチンで首を切断「高い次元に生まれ変わりたい!」

僧侶が自作のギロチンで首を切断「高い次元に生まれ変わりたい!」(SmartFLASH)

凡夫の理解をはるかに超えた行動だ。
信仰の末の自死が、肯定されるのか否か。
「高い次元に生まれ変わりたい!」
その気持ちは痛いほどわかるが、輪廻転生、
そもそも生まれ変わりが存在するのか、誰も知らない。
日本には、未来永劫生き続ける神秘なる仏・・・即身仏なるものがある。
これも、自ら断食により命を絶つ荒行だが、
信仰の集大成として、明治時代まで行う僧侶がいたというのだから驚きだ。
(今は、法律で禁止されている。)
命とは何か、信仰とは何か。
たまには、奥深く静かに考え時間持ってもいいだろう。
ちなみに、私は生涯現役のスタンスで荒行を続ける。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.