熱海土石流 宅地造成場所で発生 静岡県が因果関係を追及へ

熱海土石流 宅地造成場所で発生 静岡県が因果関係を追及へ (テレビ静岡NEWS)

東日本大震災の津波を想起させる出来事だった。
土石流のスピードは速い。非常に速い。
運悪くそこに居合わせたら、脱出するのは至難の業だ。
被災された方を想うと心苦しい。
行方の分からない方は、一刻も早く、無事見つかってほしい。
これは自然災害なのか、人災なのか。
県が指摘するように、宅地造成に起因するものであったとすれば、
業者の責任者はおちおちしてはいられない。
宅地開発を許可した行政も同様である。
想定外の雨だったのか。
再び、福島第一の原発事故の言い訳が頭をよぎる。
施工に不備はなかったのか、結果予測ができたのか、できなかったのか。
温暖化でこれまで異常とされてきた降雨が、常態化している。
これに合わせ、私たちの常識も変えなければならないということだ。
いずれにしても、被災者の皆様に心を寄せたい。
一日も早く、被災前の生活に戻れることを祈りたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.