徳之島を「世界最北端のコーヒー豆生産地」に――失敗と試練の40年、挑戦を続ける76歳

徳之島を「世界最北端のコーヒー豆生産地」に――失敗と試練の40年、挑戦を続ける76歳(ドキュメンタリー)

夢を持って行動している人は生き生きしている。
あこがれを持ち、挫折してもひるまない姿勢は頼もしい。
40年。
なかなかやり続けることはできない。
その必死さに、仲間が一人増え、二人増え、夢が伝播し、
現実に近くなる。
いくつになってもこの興奮はいいものだ。
生涯現役、夢を追い求め、少年の心がやまない。

絵本、ジャン・ジオノの、「木を植えた男」を思い出した。
人知れず荒野で植樹を続ける男の活動で、
森が再生していく様子を回想する物語だ。
アフガニスタンで、非業の死を遂げた中村哲医師の活動にも共通する。
我が道を信じ、我が道を行く。

「僕の前に道はない
僕の後ろに道はできる
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた廣大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の氣魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため」
高村幸太郎 【道程】より

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.