法廷で弁護人のPC用電源は使用禁止?!裁判所の仰天判断をどう見るべきか

法廷で弁護人のPC用電源は使用禁止?!裁判所の仰天判断をどう見るべきか(江川紹子)

数多く裁判をしていると、裁判官の当たりはずれを感じざるを得ない。
あたりの悪かった裁判官に再度当たることもあり、
この際は、絶望の淵に追いやられる。

たしかに、人間だから、大勢の裁判官の中には、はずれがある。
ちなみに裁判官は、黒の法服を着ている。
なぜ、黒なのか。
それは、黒はどんな色にも染まることがないことから、
裁判官の公正さを象徴しているといわれているものだ。

染まらないのはいいが、社会常識的なところ、
すなわち、「社会通念」は共有していただかないと困る。

公正中立は当然のこと。
刑事事件においては、国税を用いて国選弁護人の制度があるくらいなのだから、
被告の人権はその程度においては許されてもいいような気がする。
気骨ある弁護士らが異議を申し立て、制度が改善されていくのだろう。

本件の、異議申し立ての結果が気になる。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.