馬主ならぬ「象主」にかける動物園の生存戦略(日経ビジネス)

馬主ならぬ「象主」にかける動物園の生存戦略(日経ビジネス)

どこに起死回生の奇策があるかわからない。
需要と供給。
ビジネスは、そこに価値を見出す人と
サービス供給とのバランスだ。
公序良俗に反しない限り、契約は自由だ。
したがって、契約当事者が納得すれば、
どのような契約でもよい。
ちなみに、対価の前提条件となるサービスは、
事前にしっかり提示しておかなければならない。
契約は口頭ですることも可能だが、
後にトラブルを起こさないためにも、
書面に残しておくことが無難だろう。

今後、様々な動物にスポンサーがつくことになるだろう。
それをすることにより、動物たちが、
おなか一杯食べることができるのであれば、
画期的な戦略といえるだろう。

ちなみに、私は雄ライオンのスポンサーになりたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.