偏差値38、文系卒だった会社員が29歳で国立大医学部へ 心臓外科医になるまでの半生


偏差値38、文系卒だった会社員が29歳で国立大医学部へ 心臓外科医になるまでの半生〈dot.〉(AERA dot)

いくつになっても、何かをしようと一念発起したら、
徹底した行動をしなければ事を成すことはできない。
ダメだとあきらめたときが失敗だ。
真剣にやり続ける限り、目標に近づく。
自分の人生は、自分が責任を取る。
責任を取らない他人の雑音に耳を貸してはならない。
なりたい自分になるには、ほかの誰でもない、
自分自身が行動するしかないのだ。
目標達成のために、困難はつきもの。
困難が大きければ大きいほど、
目標を達成した時の喜びも大きいと、
期待して進むことが肝要だ。
心臓外科医は、そうした意味で、私たちに勇気をくれた。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.