営業の自由制限する「時短命令」 慎重さ求めた地裁

営業の自由制限する「時短命令」 慎重さ求めた地裁(産経新聞)

裁判の結果には一喜一憂する。
こと、相手が行政だと、勝率は極めて低くなる。
とはいうもの当たり前のことを当たり前に主張し、
侵害された名誉と権利は守らなければならない。
その点、ウクライナは国家が一丸となって頑張っている。
頭が下がる思いだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.