「安倍は何と言っている」と各国首脳が漏らしたことに誇らしい気持ち…麻生氏弔辞の内容

「安倍は何と言っている」と各国首脳が漏らしたことに誇らしい気持ち…麻生氏弔辞の内容(読売新聞オンライン)

老若男女がその死を悼んでいる。
ご遺体を乗せた車を見送る、
沿道を埋め尽くす人の数の多さがそれを物語っている。
国内外の人が思っていることが、形となって表れた結果だ。
あまりの理不尽さに、誰もが、どう心を落ち着けてよいのか、
整理に心を砕いている。
「安倍は何と言っている」…
麻生氏弔辞は、故人の人柄、偉業を凝縮している。心を打つ内容だ。
年齢から言えば、81歳の麻生氏が、
67歳の安倍氏の弔辞を読むことの無念さがひしひしと伝わる。
しかし、見方を変えれば、これだけ内外が大きく悼む死は、羨望に値する。
この世に生を受けた以上、死は、誰しも通らなければならない終着駅だ。
武士道の散り際の観点から言えば、実に鮮烈で、
人々の記憶に否が応でも深く刻まれる、センセーショナルな一幕である。
故人の遺志を、国民がどう繋いでいくか。
世界が注目している。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.