採用拡大へ、社員「共有」など工夫さまざま 福利厚生拡充も

採用拡大へ、社員「共有」など工夫さまざま 福利厚生拡充も(産経新聞)

企業も、社員確保に大変な思いをしている。
あの手この手で、工夫する努力は涙ぐましいものがある。
本来、その企業に魅力があれば、人は集まるはずだ。
魅力とは何か。
やりがい。キャリアアップ。社風。給与。福利厚生。
今の人たちは、何を最も重視するのだろうか。
本来は、やりがいなのだと思う。
仕事をすることで、達成感を感じられる仕事。
人の役に立ち、感謝される仕事。
団塊の世代は、高度成長居下支えした年代だ。
年功序列が保障されていたことが一因で、企業戦士などと揶揄されながらも、
精一杯仕事を頑張った時代ともいえる。
今の時代に、昔を求めるのは無謀だが、
気骨がある人物が少なくなったような気がする。
福利厚生の充実で、どれ誰人が集まるか、興味深い。
一昔前、成人式に出席すると、
豪華景品が当たると銘打った、自治体のやり方に通じるものがある。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.