サイバーエージェント「初任給42万円、固定残業代80時間」は法的にOK?

サイバーエージェント「初任給42万円、固定残業代80時間」は法的にOK?(弁護士ドットコムニュース)

会社の利益のために働いてくれる労働者は人財である。
その労働者を酷使してつぶしては元も子もない。
とはいうものの、権利意識の強い労働者を束ねるのも至難の業だ。
強く言えば「パワハラだ」と言って、労働局に駆け込む。
他方、意見を聞いてフラットな関係になると、要求がエスカレートする。
その兼ね合いが難しい。
固定残業80時間はやはり労務管理に無理がある。
過労死ラインの実験をするようなものだ。
もうすでに、その点は、厚労省の判断が出ているのだから、
果敢にチャレンジしたところで、
高裁判例の様に45時間以上の部分が無効とされるのがおちだ。
判例の動向を見ながら、自社の労務管理に生かすことは大切なことだと思う。

Comments are closed.