政府、75歳以上の保険料増検討 公的医療、高収入者限り

政府、75歳以上の保険料増検討 公的医療、高収入者限り(共同通信)

財源が無くなれば、あるところから取ればいい。
これは誰にでもわかる図式である。
しかし、徴収した保険料が適切に使われていればの前提が必要だし、
現役世代と、リタイア世代の世代間の負担が衡平との前提も必要だ。

少子高齢化が言われ出してから久しいが、
政府は、抜本的な改革を行ってきたのだろうか。

これまで高度成長期に多大な貢献してきた団塊の世代をターゲットに、
社会保険料のさらなる負担を課し、窓口の負担を増やすのもいかがなものか。
身を粉にして会社を経営し、今現在も現役で頑張っているシニアを対象に、
そうでない人生を歩んできた人を、
優遇する社会保障制度が検討されているのは面白くない。

平等とは、機会の平等であり、結果の平等ではない。

とはいうものの、健康で文化的な生活が憲法で保障されているわが国では
財源確保の観点から、高額納税者からの徴収は、
致し方ないとの結論に達するのであろう。
ベンサムの、最大多数の最大幸福だ。

私個人的には、非常に解せない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.