「胴体をほとんど食べられた死体が…」公園や幼稚園に出没する恐怖の“野犬集団” 子供が襲われる「最悪のシナリオ」とは…

「胴体をほとんど食べられた死体が…」公園や幼稚園に出没する恐怖の“野犬集団” 子供が襲われる「最悪のシナリオ」とは…〈文春オンライン〉

弱肉強食、それは野生の営みである。
生きていくためには、食べていかなければならない。
喰うか食われるか、至上の命題だ。

しかし、これが先進国に部類する我が国の出来事かと思うと戦慄が走る。
無防備にスマホを見ながら歩行していると、
後ろから野犬に襲われ、喰われたら店。
勿論、子供の一人歩きはご法度。
そうした状況は、動物園の猛獣ゾーンの檻に入れられたも等しい。

元はと言えば、
人間の身勝手で捨てられたペットたちの慣れの果てである。
双方にとって不幸な結末である。

責任をもって育てること、愛情をもって育むこと。
それは何もペットに対してだけではない。
子供たちにも同じことが言える。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ</a><br /><a href=にほんブログ村

Comments are closed.