【W杯】「天国と地獄をどっちも見た」 権田修一、GLでの“称賛と批判”に言及「これが人間なんだなと感じた」

【W杯】「天国と地獄をどっちも見た」 権田修一、GLでの“称賛と批判”に言及「これが人間なんだなと感じた」(FOOTBALL ZONE)

朝の情報番組も、昼の情報番組も、
テレビはこぞってサッカーの話題を取り上げる。
切り口は若干変わっても、話題となる点は大きく差がなく、
何度巻も同じ話題を見続けるのはいささか食傷気味だ。
勝っても負けてもそれだけ熱狂できる対象があるということは、
ある意味幸せである。
しかし、事、選手の立場になれば、
代表の地位を勝ち得るためには、
来る日も来る日もどうすれば強くなれるかを研究し、
実践し、たゆまぬ努力の末の結果に違いない。
勝敗に一喜一憂するギャラリーとは異なり、
ロングスパンの挑戦である。
人の心は熱しやすく冷めやすい。
毀誉褒貶は日常茶飯事。
本物のサポーターは、陰になり日向になり、
応援する選手やチームが活躍できる環境を整えることに
協力できる存在に他ならないはずだ。
頑張っていれば、そうしたサポーターが必ずいるはずだ。
プレイヤーは、真のサポーターのために最善のプレーをすればいい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.