「見てるぞ」「ここ通るな」私有地の“4万円通行料”でトラブル…車で男性はねた70歳男を逮捕

「見てるぞ」「ここ通るな」私有地の“4万円通行料”でトラブル…車で男性はねた70歳男を逮捕 (FNNプライムオンライン)

何がここまで地権者を意固地にさせたのかはわからないが、
はたから見ると実に生産性のないことをしていると思う。
権利を主張するのはよいが、
徳を考える視点からあまり気持ちがいいものではない。
年齢を重ねると、若い時のように柔軟な考え方ができなくなるのだろうか。

相田みつを氏が言っていたように、
「あなたがそこにただいるだけで、その場の空気が明るくなる。
あなたがそこにただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。
そんなあなたに私もなりたい。」

人生の艱難辛苦を乗り越えてきたシニアだけに、
酸いも甘いも知り尽くしているはず。
どうすれば人が喜び、
どうなれば自分も幸せな気分になるのか、
十分すぎるくらい分かっているはずだ。
そうであるはずなのに、周囲と摩擦を起こすということは、
認知機能の衰えと、
感情のコントロールがアンバランスになっているのかもしれない。
悲しいけれど、老いというものはこういうものなのかもしれない。
反面教師。
こうした報道に照らし、シニアは特に、自分の行動を俯瞰しなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.