正副学長の辞任を承認 日大、アメフト部の違法薬物事件をめぐり

正副学長の辞任を承認 日大、アメフト部の違法薬物事件をめぐり(朝日新聞デジタル)

後味の悪い事件である。
薬物を使用し、宿舎内で蔓延させる学生も腐っているし、
権力闘争で綱引きをしている正副学長も醜い。

それぞれが、自身のすべき本分を見失っている。

職責を全うするために、人材があてがわれているのだから、
目的遂行の観点から動くべきだ。
間違っても、理事長を追い落とすために動くべきではない。

検事を歴任した人物ならば、公正な目を備えていると思いたいが、
彼の目がどこを向いていたのか、
その行動から自ずと推察されてしまうことが怖い。

引き際の良さが、日本人の美学でもある。
歴史ある名門大学に泥を塗るような愚行は慎まなければならない。

他方、林理事長にあっては、目の上のたん瘤がとれたのだから、
世間が期待しているクリーンな視点から、
思う存分、学内改革をしてほしい。
雨降って地固まるで行ってほしい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.