富士山

IMG_2455

冬の富士山は、雪化粧をして美しい。

凛と澄んだ、空気の冬寒に、
霊峰は、誰の目も魅了してやまない。

東海道新幹線を利用する際、
必ず富士山側のシートを予約する。
どうせなら、行き帰りに、富士山を目に収めたい。

遠くで見れば美しい富士山も、
実際に登ると、その山の、その険しさに閉口する。

石は、ゴツゴツしており、なかなか前へ進めない。
一所懸命登るものの、なかなか美しい景色は開けてこない。
標高が高くなってくると、木々もなくなり、実に殺風景だ。
何度も途中で、前に進むのをやめたくなる。

人生の「上り坂」に似ている。

富士山は、遠くから眺めるものかもしれない。

しかし、意を決して前に進めなければ、頂上にたどり着けない。
絶景と評される御来光や、下界を望むことはできない。

つらつらとそんなことを考えていたら、
「ふるさとは遠きにありて思ふもの…」(室生犀星)
「ふるさとの山に向ひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな」(石川啄木)
そんな詩歌が、浮かんできた。

富士山にあこがれて、上るも、眺めるも、
その人の心ひとつである。

富士山は、日本人の心、
日本人の故郷である。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.