義理チョコ離れが鮮明に バレンタイン「職場の人に」渡すが過去最低 日本生命アンケート調査

義理チョコ離れが鮮明に バレンタイン「職場の人に」渡すが過去最低 日本生命アンケート調査(ABEMA TIMES)

時代は変わる。
菓子メーカーの戦略に乗る必要はない。
贈り物は、相手の喜ぶ顔が見たくて、心を込めて贈るに限る。

その点、オー・ヘンリーの、「賢者の贈り物」が心に残る。
自分が一番大切にしているものを、
相手の喜ぶ顔が見たくて贈り物としてさしだす。
結局は、お互いの贈り物は無用の長物になるのだが、
その、無垢な思いやりが読者の心を豊かにする。

このように、プレゼントは、少なくとも義理で贈るものではない。

とはいうものの、2月のデパートでは、様々な思考を凝らしたチョコが並ぶ。
多くの義理チョコをいただき、職員に配ったこともあった。
相当昔の商品で、おやじギャグの「島倉チョコ」は、頭から離れない。
島倉千代子が亡くなってから久しいから、
このパロディーを理解できる人も少ないだろう。
ちょっとした心の余裕、遊び心は、義理チョコの真骨頂だったように思う。

義理チョコが少なくなったということは、
景気が低迷する殺伐とした現代社会において、
人とのつながりも希薄になった裏返しでもある。
これはお歳暮、お中元、年賀状のやり取りにも言えることだ。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.