京都市バスに「最年少19歳の運転手が誕生!」規制緩和で実現

京都市バスに「最年少19歳の運転手が誕生!」規制緩和で実現(乗りものニュース)

若い力が、人手不足の業界に風穴を開けられればいい。
動機がいいではないか。
修学旅行で、親切にして貰った運転手に憧れ、
自分も同じようにしたくてこの仕事を選んだ。
その運転手、彼にとってのレジェンドは、子供の将来を決めてしまうほど、
プロ意識に徹した仕事をしていたのだろう。
どうせするなら、人に感動を与える仕事がいい。

19歳と言えば、
とりあえず大学に行けば、その先の道が開けるとばかりに、
遊学する若者が多い中、
自身の憧れに、就職を選ぶ道に男気を感じる。

それは仕事だから、長い間にはいろいろあるだろう。
思い通りにはいかず、人間関係で悩むこともある。

しかし、おかれた場所で咲けない人は、
どこへ行っても咲くことはできない。
仕事とは、生活の糧を得る場であると同時に、
人生に必要な事柄を体得する場でもある。
職場は、人生の学校である。

その昔、京都大学出身であり、雄弁で頭脳明晰な故大島渚監督は、
自身の学歴を卑下する、夫人で女優の小山明子氏にこう言ったという。
「君は、映画という学校で、立派に女優を学んでいるではないか。
学歴を気にすることはない」…と。
再度言う。
職場は、人生の学校なのである。
給料をもらいながら、学んでいるのである。

私が心の安らぎを覚える、京都の路線バスに配属された若きドライバー。
観光で彼の地を訪れた際には、
是非とも、彼がバス会社という学校で、
ドライバーを勉強している車に乗車してみたい。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


社会保険労務士 ブログランキングへ </a><br /><a href=社会保険労務士 ブログランキングへ

Comments are closed.