民法債権法初の抜本改正へ

契約ルールで消費者保護 民法改正、法制審が原案(日本経済新聞)

どう変わる? 契約ルール明快に(MSN産経ニュース)

ツケ払い時効、5年に統一…民法初の抜本改正へ(読売新聞)

法制審議会の民法部会は26日、民法の債権法部分の改正原案をまとめた。
来年の通常国会に提出されるそうだが、法定利率の変更、消滅時効期間の変更、保証人制度の変更など、我々の暮らしにも関わりの深い規定の見直しがなされることになる。
法改正の行方を注目したい。

Comments are closed.