中国産タマネギの残留農薬

中国産タマネギ 残留農薬検出相次ぐ 規制強まり輸入減も(日本農業新聞)

また、中国である。食の安全をどう図っていけばいいのか?

可能な限り、食材としての中国産を排除したところで、加工食品や、外食においては徹底できない。価格面から言えば、中国産が安いのであるから、消費者への転嫁を抑えるのであれば、業者は中国産を排除しきれない事情がある。

しかし、中国産は、これまでもいろいろと問題があった。問題が発覚したときは大騒ぎするが、根本的な解決を見ないまま、野放しにしていたのではいつまでも同じ問題の繰り返しである。

官民が一致して、国民の食の安全に重きを置いてほしい。食物受給率が低いわが国では、輸入食材に対して、特に監視の目を強化しなければならない。

Comments are closed.