朝日新聞の週刊誌広告掲載拒否

朝日、慰安婦巡り週刊新潮の広告も掲載拒否(読売新聞)

朝日新聞、週刊文春の広告を掲載拒否 慰安婦問題追及記事など掲載(MSN産経ニュース)

よく「攻撃は最大の防御なり」…などというが、攻撃することには強くても、一転、守りに入るとからっきしの人がいる。確かに人のあらを探して、自分が誰からも批判されることのない安全な場所に身を置き、大上段からあれこれ批判するのは気持ちがよいことかもしれない。

しかし一転、糾弾する立場が、糾弾される側に回ったとき、立場が逆転した人物は、場をどう取り繕うのか…。舌鋒鋭く他を批判する場合には、自分の立ち位置を考えながら行動に移すのが賢者のやり方である。その立場にない人が、自分のことは棚に上げて、他人についてあれこれ批評するから、事実が発覚した時しっぺ返しを食らうのである。

朝日新聞も例外ではない。日本の世論を牽引する使命を担い、かつ、国家間の歴史認識を正しく報道する役目を放棄していた問題は、糾弾に価する。天下の朝日が、その場しのぎの対応しかできないことは情けない限りだ。

他を批判批評するならば、それなりの覚悟が必要である。その批評批判が、自分に向けられたなら、体よく逃げる姿勢では、大手新聞社の看板を掲げるべきではない。世論を形作る報道のスペシャリストには、確固たる信念と、その言論に対する多大なる責任が必要である。

Comments are closed.