世界一の口ひげ

世界一の口ひげ更新中(時事通信)

写真の男性は誇らしげである。

何年かけて、あの長さになったのだろうか?食事の際はどうしているのだろうか、手入れはどうするのだろうか、就寝の際は、様々な疑問が湧く。通常の生活を送るのに、不便であることは容易に察しがつく。

しかし、写真の男性は至って誇らしげである。少々の不便さは、「世界一」の冠の前に、それほどの意味を持たないのであろう。人の一生は、個人のアイデンティティーによるところが大きい。

何でもよい。どんなに小さなことでも良い。人に誇れる世界一があることは、幸せなことだと思う。

Comments are closed.