八王子病院放火事件

<東京・八王子の病院放火>容疑者入院時…看護師遅いと苦情(毎日新聞)

全くお騒がせである。
病院の対応が仮に不適切であったとしても、だから放火をしていいということにはならない。

「看護師の対応が遅い」、「他の患者よりも待たせすぎる」といった指摘が、単なるクレーマーとして扱われてしまう。

翻ってわが身を思うに、「看護師の対応が遅い」、「他の患者よりも待たせすぎる」と感じて、苦情を申し述べたことは数多くある。
そうした申出に対し病院は、
「順番にやっていますから」
「私(医師)などあなたがみえた2時間以上前から診察しているのですから…」
と、わけのわからない言い訳をする。

例えば、外来予約で、何カ月も前からその日、その時間に予約を入れているのにもかかわらず、1時間以上待たせても当然といった対応の病院に対して、世間はどう評価するだろうか。

入院患者がナースコールで我慢できない腹痛を訴えたところ、「先生に点滴をしてもらいますから」と言われ、1時間以上音沙汰なく待たされたら、誰も怒らないだろうか?

人員の不適正な配置は、病院経営の杜撰さの一であり、その責任を患者に転嫁すべきではない。

前者においては、混雑の状況に応じて、30分前とか60分前のお知らせコールを携帯に送るサービスをする病院があることを知っている。

後者においては、遅れて来たにもかかわらず、当然といった顔をしている若い医師に対して苦情を申し述べたところ、

「そんなにこの病院の対応がお気に召さないのであれば、他の病院にお移り下さい。」

と述べたので、私の法律論がさく裂したことがある。

特別室に入院していれば、費用が特別な分、特別なサービスを提供してほしいというより、今、目の前にある苦痛を一時も早く除去することに手を貸してほしいと考えるのは患者として正当な訴えだと思う。

医師の木で鼻をくくった態度は、病気を治したくて入院しても、反対に悪くなってしまうようなケースである。

我慢してもストレスがたまるし、言ったところで相手の気を悪くしたのではないかと、逆に気を使う分ストレスがたまる。

放火された病院が、どの程度の対応だったか、私達読者には知る由もないが、診察時などの待ち時間に対しては各病院共に、再考の余地がないのか真摯に考えていただきたいと思う。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.