爆弾低気圧の猛威

爆弾低気圧 根室市で最大瞬間風速39.9m 高波で巡視船乗り上げ(フジテレビ系(FNN))

寒い。日本全土がすっぽり冷凍庫に入ってしまったような寒さである。
いくら自然現象とはいえ、凄まじい吹雪のホワイトアウトの中では、人は動くことができない。
静かに嵐が通り過ぎるのを待つしかない。
外出できないということは、物流が滞り経済活動ができないということだし、子供達は学校にも行けない。
そればかりか、廃棄場所を確保できない、大量の除雪問題。
水分を多く含んだ着雪による電線の切断は、極寒の地に電力の送電を止める。
暖房が止まり、明かりが消える。
自然の前に、人はあまりに無力だ。ただ、静かに嵐が通り過ぎるのを待つしかない。
こうした事態を見るにつけ、人は自発的に生きているのではなく、大自然の中で生かされているのだとつくづく感じる。
低気圧により、不自由な生活を強いられている方々が、一日も早く、通常の生活に戻れるよう心より祈念するものである。
どうぞご無事で。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.