大阪地裁のミス

<大阪地裁>控訴期限を誤る 高裁「二重ミス」批判(毎日新聞)

あってはいけないミスは、重なるものである。

しかし、たった1日のことで、470万円ものカネが懐から出たり入ったりするのだからミスを侮れない。

数多くの裁判に携わる裁判所職員にとって、それは日常茶飯事のことであるが、訴訟当事者にとって人生の明暗を分けることもある。

オーソドックスな言い方だが、1件1件間違いがないよう、丁寧に仕事をしてほしいと願うものである。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.