アジア投銀「創設メンバー」は見送りへ

日本、アジア投銀「創設メンバー」は見送りへ(読売新聞)

「バスに乗り遅れるな」という焦りもあるだろうが、急いては事を仕損じる。
中国主導のAIIBに関しては慎重すぎるほど慎重な構えでいて良いのではないだろうか。
かつて日本は世界第二位の経済大国にまで上り詰めたが、その後は長引く経済不況に見舞われ、今もまだその痛手から回復しきれていない。
中国もいつ、同様の道を辿るかわからない。
日本が存在感を示す時は、まだ先にあるだろう。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.