河野順一の2014年プロ野球順位予想

球春到来
いよいよ今年もプロ野球が開幕する。
田中将大投手のヤンキース移籍で、メジャーリーグに目を奪われそうだが、やはり日本のプロ野球を盛り上げていかなければならない。
私も今年一年、日本のプロ野球に注目するきっかけとして、明日の開幕を前に順位予想をしておこう。

まずはセントラル・リーグから。

1位 読売ジャイアンツ
2位 広島東洋カープ
3位 東京ヤクルトスワローズ
4位 中日ドラゴンズ
5位 阪神タイガース
6位 横浜DeNAベイスターズ

巨人の戦力はずば抜けている。この戦力で優勝を逃すようなら、原監督は切腹すべきだろう。
広島には時の勢いを感じる。大瀬良大地、九里亜蓮の新人投手が活躍すれば、CS進出だけでなく日本シリーズ進出もあり得るだろう。
ヤクルトは故障者続出ではあるが、ホームラン王バレンティンと最多勝ライアン小川の引き続いての活躍を期待したい。
中日と阪神は、チームが過渡期にあるのでこの順位とした。落合GMがいる分だけ、中日のほうが順位で上回るのではないだろうか。
DeNAは中畑監督の元気は良いが、采配には期待できそうもなく、しかも捕手難ということで最下位予想。

次はパシフィック・リーグ

1位 千葉ロッテマリーンズ

千葉っ子の私としては千葉ロッテの一択。
新人アジャ井上の打棒爆発に期待したい。

あとは良く分からないので、残りの予想は皆さんにお任せしよう。

全12球団、それぞれの健闘を祈る!

Comments are closed.