在日男性に本名強要は違法

在日男性に本名強要は違法=勤務先社長に賠償命令―静岡地裁(時事通信)

プライバシーに対する自己コントロール権は、最大限尊重しなければならない。
会社が、従業員に対して、本名を名乗ることを強要できるのか。
応えは、NOである。

本件裁判において、裁判長は「氏名は人格の象徴。在日韓国人に対して使用する名前を強制することは自己決定権を違法に侵害する」と指摘。
男性が入社後一貫して日本名を名乗っていたことなどから、男性に韓国名を名乗る意思がないことは認識できたと判断した。
氏名は人格の象徴である。
これが日本名であろうが、芸名であろうが、
本人が本名以外の名を名乗る意思を有していれば、
原則として、他人がとやかく口をだし、
しかも「この名を名乗れ」などと、強要することはできないのである。
使用者も、社会保険労務士も、憲法をしっかり学び、
正しい人権感覚を身に付けなければならない。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.