厚労省がワースト残業省

時短旗振り「厚労省」、霞が関で“ワースト残業省”のジレンマ脱却できるか…(iza)

理想と現実は、遠いものなのかもしれない。
自分ができないことを、どうして人にやれと命じることができるのだろうか?
企業には、タイムカードでの時間管理を推奨していたが、
自分のところでは、明確な労働時間が管理できないとして、
使用していなかったのとよく似ている。
まずは、自らの襟を正して…
それは、国民に増税を求める前に、
自らの報酬減額を敢行しなければ絵空事に聞こえる国会議員の提案にも似ている。

□□□ランキングに参加中です□□□
□□□クリックお願いします!□□□


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

Comments are closed.